2014年7月18日金曜日

形あるもの

隣家が解体されて、更地になった。

あんなにたくさん人が出入りしていたのに。



アルプス山脈が見える。

トイレの窓から、夕日が見える。

夜は涼しい風が吹き、遠くの電波塔の赤ランプの点滅や、線路の明かりもうっすらと見える。



子どもの頃の懐かしい風景。



お金があれば買い占めるのに。



上京し、山々が色づくころに、戻る。



帰る場所がある幸せを、大切にしたい。



0 件のコメント:

コメントを投稿