2013年8月26日月曜日

David Lynch-Ghost Of Love

















軽井沢から松本へ抜ける山道を走ってみた。噂には聞いていたが、夜中に一人で走るには、あまりお勧めできる道ではない。すれ違う車は一台もなく、鹿やら、狐やら、狸やらの獣に遭遇する。まさにデヴィッド・リンチの世界だ。

「エンジンブレーキ使用」との看板が連続する下り坂をやっとのおもいで下りきった。途中で何度もガードレールを突き破って転落するシーンを想像した。

ひょっとしたら、僕は既に転落したのかもしれない。いや、もうずっと前から死んでいたのかもしれない。

鹿は僕を「ひさしぶりだな」と言わんばかりの見つめ方をする。途中、近所の悪ガキのような狐がゆっくりとした足取りで車の前を走り、「おらについてこいよ」と言わんばかりに絶妙な速度を保ってくれた。下界ですれ違う人間より人間らしかったのは何故だろうか。

見上げれば星空が綺麗で、何もかもどうでもよくなっちまったよ。
























0 件のコメント:

コメントを投稿