2013年8月20日火曜日

夏を振り向かせて

子供の頃に兄弟で乗り回した自転車、ロードマンを物置から引っ張りだし、ブレーキとハンドルを修理して乗ってみた。ヴィンテージなルックスもさることながら、乗り心地もヴィンテージだった。サドルが硬くてケツが痛いが、前傾姿勢の甘酸っぱさは何物にも代えがたい。

The Preaturesの最新シングルは、フリートウッド・マックを彷彿とさせる色気がノスタルジックに駆け抜けるヴィンテージ感たっぷりの逸品だった。何も足さない、何も引かない、洗練されたグルーヴが、夏を振り向かせて過ぎ去っていく。


0 件のコメント:

コメントを投稿