2012年11月9日金曜日

そんなもんだ。



バーボンで体を火照らせ窓を開けると懐かしさに彩られた冷たくも心地よい夜風に出会える。盆地に反響する列車の音と閑散としたネオンが郷愁を掻き立てながら若かりし頃が呼び戻される。ストーンズの最新曲を聴いた時も同じだった。

僕は楽しい時も辛い時もストーンズを聴く。時に苦くもあるが、それがいい。バーボンは四つ切りにしたライムを思いっきりかじったら一気にグラスを煽る。琥珀の液体を味わい深いものにすること請け合いだ。

僕にとって音楽はハードな人生をより味わい深くするためにある。音楽なんてそんなもんだ。

僕にとってハードな人生は音楽をより味わい深くするためにある。人生なんてそんなもんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿