2012年8月7日火曜日

ユニボール シグノが好きだ。

ボールペンほどなめられている道具はない。

いろんな場所で目にするが、その時その場で書ければいいだけの使い捨ての道具という認識がほとんどではないだろうか。100円前後のものはインクが切れただけで本体ごと捨てられることが実に多い。ゴミ箱へ行くのもあれば、道端に投げられるものもある。泥だらけのものや、雨ざらしになっているもの、踏み潰されて砕けているもの、インクが切れて引き出しの中に埋葬されているものとか、いろいろある。

最近、ボールペンで文字を短時間で綺麗にかつ相当数を書かなければならない場面に遭遇するようになった。最初はボールペンなんかどれでもいいやと適当に近くにあるものを使っていた。しかし使用頻度が高まるうちに、ボールペンの書き心地が気になるようになった。これは太いなとか、細くて持ちにくいなとか、それまで気にもとめなかったことが気になるようになった。そして、「ボールペンを選んで買う」ことを初体験することになった。

まずはネットで検索した。太さの種類、グリップの形、インクの種類など、検討要素はそれなりにある。中でもインクの種類はボールペンを決定的にジャンル分けする要素であることがわかった。油性、水性、ゲルインク、その他新種のものに分けられる。さらりと流れるように書くには水性かゲルインクだと分かった。もちろん、「ジェットストリーム」のように油性でも驚くほど軽いものもあるが、見栄え的には前者が勝る。

私が最終的に選んだのは三菱鉛筆 ゲルインクボールペンシグノ極細0.38mm黒だ。

先端のチップに高級感があり、硬い机の上で書くとコツコツと心地よい音が響く。インクの出が軽やかで、他と比べて本体を多少傾けてもかすれがないのが気に入っている。シンプルで洗練された外観とあいまって、コスパが高い逸品だ。

ボールペンを選んで買ったついでに意識するのがインクの補充である。そのインクをリフィールと呼ぶのも初めて知った。シグノのリフィールは80円だった。ボールペンを使い捨てていた頃にはしなかった発想で、結局、本体を大事に使えばお得になることも知った。本体を丸ごと捨てるよりは余計なゴミも増やさずに済むし、身近なエコである。そして何より、手で書くのが好きになる。脳の活性化にもいいらしい。お気に入りのボールペンは、ただ持っているだけで気持ちが落ち着いてくる。タバコはやめて数年経つが、あの、なにもしない時に自然にタバコに手が伸びる感覚と同じだ。

ペンを持っていて、目の前に白い紙があると、無性に何かを書きたくなる衝動にかられる。事実、何か書いていしまう。それは文字である必要はなく、漫画だったりする。それが上手かったりすると、調子に乗って漫画の描き方みたいな動画を見たりする。そしてまた新たな発見をする。それが、ASMRという動画だ。

つづく・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿